menu

『関門地区夜間景観ウォッチング&ワークショップ』の開催!|関門景観 Portal site|関門海峡が結ぶ、景観に配慮した街づくり

10のアクション

トピックス
関門景観ものがたり10のアクション

トピックス一覧
『関門地区夜間景観ウォッチング&ワークショップ』の開催!

今年のテーマは、「関門地区の夜間景観を考える ~夜間照明 探見 たんけん (門司編)~」です!

夜の門司を歩きながらウォッチングし、門司の夜間景観について北九州市と下関市の両市民で考えます。1日目は、照明デザイナーの松下美紀さんの講演と、色々な角度から夜間景観をチェックするウォッチング、2日目は、前日の活動を振り返りながら、夜間景観についてのワークショップを行います。

主催:福岡県建築士会北九州地域会・山口県建築士会下関支部

共催:関門景観協議会(北九州市・下関市)

◆日時

平成25年11月16日(土曜日)15時00分から20時00分まで

平成25年11月17日(日曜日)10時00分から12時30分まで

※集合時間は、集合する市によって異なりますので、次の「集合時間・場所」をご参照ください。

◆集合時間・場所

(1日目)

下関市側:14時45分唐戸桟橋

(住所:下関市あるかぽーと1番1号)

北九州市側:15時00分マリンゲート門司

(住所:北九州市門司区西海岸一丁目4番1号)

(2日目)

下関市側:9時30分唐戸桟橋

北九州市側:9時45分門司生涯学習センター

(住所:北九州市門司区栄町3番7号)

◆参加者

公募10名含め、60名程度(予定)

(公募市民、山口県・福岡県内の大学生、専門家・建築士会・行政等)

◆スケジュール

(1日目)

下関市側:14時45分集合(唐戸桟橋)

北九州市側:15時00分集合(マリンゲート門司)

・昼の門司港をウォッチング(近景)

(渡船で唐戸へ)

・唐戸側から門司港をウォッチング(遠景)

・照明デザイナーの松下美紀氏による講演(唐戸市場会議室にて)

・唐戸側から門司港の夜景をウォッチング(遠景)

(渡船で門司港へ)

・夜の門司港をウォッチング(近景)

20時00分 解散(下関市からの参加者は、20時10分門司港発の渡船で帰関)

(2日目)

下関市側:9時30分集合(唐戸桟橋)

北九州市側:9時45分集合(門司生涯学習センター)

10時00分からワークショップ

グループに分かれて話し合った後、発表を行います。

12時30分 終了(予定)

◆お申込み方法

次の連絡先まで、電話で申込みをお願いします。

・定員:両市合わせて先着10名

・応募要件:両日参加できる方

・受付期間:平成25年10月3日(木曜日)から10月18日(金曜日)まで

8時30分から17時15分まで

※土日祝日を除く

【連絡先】下関市 まちなみ住環境整備課 083-231-1225

北九州市 都市計画課       093-582-2595

※定員に達し次第、募集は終了とします。

◆注意事項

・参加無料。関門連絡船の乗船券は主催者が用意します。

・徒歩でウォッチングしますので、歩きやすい格好でお越しください。

・集合は時間の厳守をお願いします。

「関門地区の夜間景観を考える ~夜間照明探見 たんけん (門司編)~」のご案内(PDF:54KB)

前の記事へ
次の記事へ

ページトップへ