menu

「下関市景観シンポジウム2023」を開催しました。|関門景観 Portal site|関門海峡が結ぶ、景観に配慮した街づくり

10のアクション

トピックス
関門景観ものがたり10のアクション

トピックス一覧
「下関市景観シンポジウム2023」を開催しました。

令和5年11月23日に「下関市景観シンポジウム2023」を開催しました。

【開催概要】
日時:令和5年11月23日(木・勤労感謝の日) 午後1時30分から4時00分
場所:下関市民会館 中ホール
参加者:約130名
テーマ:「わたしたちのまち・下関の景観まちづくり」
第1部:第14回下関市景観賞表彰式
第2部:景観まちづくりトーク
第3部:パネルディスカッション

第14回下関市景観賞表彰式では、「景観フォトコンテスト部門」、「景観デザイン部門」、「景観まちづくり活動部門」の3部門の景観賞作品と「審査委員特別賞」作品を表彰しました。
第14回下関市景観賞表彰資料

景観まちづくりトークでは、景観まちづくりに取り組んでこられた田尾さん、安成さんのお二方に、取り組まれてきた実績と景観についてのお気づきをお話しいただきました。その後、前田市長と3人で下関市の景観まちづくりについて、トークしていただきました。

パネルディスカッションでは、下関市立大学の竹内教授をコーディネーターに迎え、下関と関わりが深く、まちづくりに熱い想いをもたれている4人の建築士に、下関市の景観のこれからについて語っていただきました。

シンポジウム当日配布パンフレット

【シンポジウムの様子】

前の記事へ
次の記事へ

ページトップへ